子育てアイテム

スイマーバはいつから使える?注意点とママさんの評判はいかに⁉

 

スイマーバとは、赤ちゃんのために作られた浮き輪で、ベビーエクササイズをすることを目的として作られた「浮き輪商品」です。「名前は聞いたけど、ちょっとよくわからないな、興味はあるけどどうなんだろう」という方も多いのではないでしょうか。

使い方を失敗すると安全にも関わります。しっかりと理解しておきたいところ。

今回は、スイマーバはいつから使えるのか?使い方や注意点をお伝えします。

 

スイマーバとは

スイマーバとは、赤ちゃんが生まれて初めてエクササイズをすることを目的に開発された浮き輪型のスポーツ用具です。

プレスイミングと言い、水に浮かぶことに慣れる練習や、水を手でつかむ感覚を学び、水への抵抗感や恐怖感を小さなころから会得していきます。水中で運動することで、バランス感覚や体の筋力アップにも期待ができます。

主に、首に付けて水に浮かぶ練習を行います。


付けている様子も、ぷかぷか浮かんでいるのが楽しそうですね。

 

いつから使える?

スイマーバの公式サイトでは

うきわの上側にあごが乗るようになってから、生後18ヶ月かつ11kgまでのお子さまが対象です。
早い方ですと生後1ヵ月からご使用になられる赤ちゃんもおられますが、個人差がございますのであごが乗るようになるまではご使用をお控えください。

出典:http://swimava.jp/faq/

このように、生後1か月から利用も可能ではありますが、あごが乗るようになってから!というのが見解の様です。

つまり、首がしっかりとしてからということです。世間のママさんたちは、首が座ってから利用する方が多いようです。

あごが乗らない段階の赤ちゃんは、浮き輪から首がすり抜けてしまう可能性がありますので、注意が必要です。なお、利用できるのは、18か月までで11キロまでの子供が対象です。大きくなると自分でお風呂の床に足がついてきますので、その点は注意が必要です。

あごが乗る時期(1か月以降)から

 

赤ちゃんの大きさに合わせたサイズもあります。レギュラーサイズと、頭が小さい赤ちゃんに向けたプチサイズもあります。赤ちゃんの体型に合わせて選べるのも嬉しいところです。

詳しくはコチラ

 

使い方の注意点

スイマーバで起こる事故も報告が上がっております。とても良い商品なのですが、使い方を間違うと危険な事故につながる可能性もあります。

よく理解して使うようにしましょう。

ポイント

  • 絶対に目を離さない
  • 浮き輪の空気を確かめる
  • サイズが合っているものを使う
  • 不安定な状態では使わない

 

スイマーバについての評価、口コミ

みいさん

お風呂が楽しそうっていうのが第一印象。何よりのことかなって思います。沐浴も産院から気持ちよさそうにゆらゆらしていた我が子なので、沐浴卒業からお風呂でも楽しめるように購入しました。くるくると回りながら向きを変えて楽しんでいる姿は、本当に癒されます。手も動かせるので、ばちゃばちゃよく喜んでいます。

首が座るまで大人二人で取り付けてくださいと書かれています。頭を支えていないとかなり怖いです。説明書通りやりましょう。

 

Aiさん

装着は外でやった方が良いですね。最初は怖がるような素振りもあり、不安でしたが、楽しいということが分かってから、自分から早くしろよと言わんばかりに取り付けを待っていてくれている側面も。やっぱり気持ちよさそうに浮かんでいる姿が印象的ですね。

 

マイさん

基本的にワンオペ育児です。実はこれは、ワンオペ育児の救世主なのではないか。いつもだと、お風呂に入れて、子供が寝たすきを見てお風呂に速攻で入り、何事もなかったかのように駆けつける毎日でしたが、お風呂一緒に入れるなんて感動モノです。子供を洗って、お風呂にスイマーバを付けて浮かせて遊んでいる間に、自分の身体をササっと洗える。素敵です。やっぱり、目は片時も離せないですが、一緒にお風呂に入れる幸せを体感してほしいですね。

 

SNSでの評判も上々の様です。

 

まとめ

スイマーバは赤ちゃんがお風呂などで、プレスイミングとして利用できる浮き輪です。

注意点はかなり多くありますが、赤ちゃんが楽しく遊べるために、絶対に守ってあげてください。

泳いでいる・浮かんでいる姿に癒されるママさんが続出しているスイマーバは、子育て中に一度試してみたいアイテムですね。

ランキングはコチラ

スイマーバの人気NO1はこれ

  • この記事を書いた人

むーむー

こんにちは! むーむーです。 自分自身が経験した子育ての情報を配信しています。

-子育てアイテム
-, , ,

© 2021 バードちゃんログ