ベビー(0歳~2歳)

離乳食楽ちんアイテム「モグフィー」の評判や口コミは?デメリットはあるの?

離乳食の楽ちんアイテム「モグフィー」は、赤ちゃんが初めての味に慣れるのに最適。

可愛くて有名なモグフィーですが、みんなの評判はどうなのでしょうか?モグフィーを使う事のデメリットと一緒に紹介します。

 

モグフィーについて

赤ちゃんに離乳食をあげるとき、最初にうまくいかないのが、スプーンを口に運んでも食べてくれない事。

初めての味に驚き、舌でスプーンを押し返すこともしばしばで、なかなか食べてくれないことに困った経験をお持ちの方も多いはず。

自分から進んで食べてくれたらいいのになと悩みも多いですよね。

むーむー
赤ちゃんはもともと、自分で色々なものを口に入れることは得意なのです。

哺乳瓶を口に自分で運んだり、おしゃぶりを口に入れたり、はたまた赤ちゃん用の飲み物コップで自分で飲む子もいます。赤ちゃんが自分で口に物を運ぶ事に着目したのが、このモグフィーなのです。

ポイント

  • 自分で手に持って食べることができる
  • 小さく切って入れるだけという簡単作業
  • 吸う⇒噛むへ、能力を養う
  • 新しい味へ興味が出る

赤ちゃんが自分から食べてくれるという点がすごく魅力的な商品です。おしゃぶりの様に、口に入れるだけで栄養素も吸収できて、色々な味を体験することで、次第に食べることへ慣れますね。

 

モグフィーの使い方について

モグフィーの使い方

  1. サックを本体にセット
  2. 月齢に合った食べ物をセット
  3. ぱちんとふたをする
  4. 赤ちゃんがガブリ

小さく切った食べ物を、セットして、そのまま赤ちゃんにあげるだけです。

赤ちゃんが自分でもぐもぐすることで、自分で食べる練習ができますよ。

バナナなどの柔らかいものを入れると、もぐもぐしたときに、細かくて小さくなったものや水分だけが出てくるので、のどに詰まらせる心配もありませんね♪

 

モグフィーのメリット・デメリットは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

keiko(@roiasui)がシェアした投稿 -

モグフィーは見た目がとっても可愛くて、食べている姿に癒されちゃいます。

慣れると、自分からもぐもぐしてくれるので、離乳食の練習にピッタリ。

メリットをまとめると

モグフィーのメリット

  • 食べている姿が可愛い!!
  • スプーンでは嫌がる子も食べる
  • 自分で手に持って食べる
  • 食べることへの興味がわく
  • すりつぶしをする手間が省けるから楽ちん

食べている姿が可愛いのは当たり前として、自分で手に持ってもぐもぐしてくれるので、親としては楽ちんで嬉しいです。

反対に、デメリットは

モグフィーのデメリット

  • 少量しか入らない
  • 洗うのがめんどう
  • おかわりの要望がめんどう
  • 使う期間が短い

基本的に、離乳食をスプーンで食べるようになるまでの練習期間で利用するイメージです。(長く使うと、スプーンで食べる離乳食を嫌がる可能性あり)

少量しか入らず、入れ替えがめんどうなので、おかわりの度に、洗うか迷います・・・。

 

モグフィーの評判や口コミってどうなの?

みぃ
これだけ良いアイテムなんだけど、実際に使ったらどうなの?
評判はかなりいいですよ、もぐもぐ食べてくれると話題です
むーむー

モグフィーは、赤ちゃんの食べている姿が可愛くSNS映え!

評価もなかなか高いです。

Amazonでは378評価の中、☆4.2

約78%の人が☆4以上を付けています。

高評価の声

  • なかなか離乳食を食べてくれなかったのですが、この商品使ってからがっつくようになりました
  • 大好きなバナナを詰めてあげてみたら、上手にカミカミしてごっくんしてくれました
  • フルーツを食べさせるのにすっごく便利です。6ヶ月から使い始めて8ヶ月の今も必需品。
  • 女の子が持っても可愛い色があるので買って良かったです♡

フルーツを入れて食べさせるのに役立っていることがわかります。

レビュー評価の通り、最初に食べ物の味を理解させて、食事への興味を持たせることに使っている方が多くいます。また、忙しい時に、手を放したいときにこれを使って、もぐもぐしているうちにやりたいことをという人も多いようですね。

 

低評価の声

  • 先端の食物を食べると、奥の食物はいつまでもそこにあるので、出てきません
  • 自分で食べたがるので、手も汚れにくいのでいいかなと思って購入しましたが、本人はあまり気に入らなかったよう
  • ゴムをかじるのが慣れておらず、全く舐めようともしませんでした

批判レビューには、口に入れづらく、赤ちゃんがくわえがらない事、もぐもぐより吸うことで離乳食へ移行しにくいという声がありました。

基本的に、初期に口に入れると成功する割合が多いようですが、赤ちゃんによっては、少し苦手な子もいるようです。

 

SNS上の口コミは?

SNS上は可愛いという声が多くありました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

モグフィーデビュー♡ いちご完食しました🍓 #モグフィー#生後半年#6ヶ月ベビー #7月生まれベビー

ひまなつmama(@h67.n711.mama)がシェアした投稿 -

 

この投稿をInstagramで見る

 

#決定的瞬間 #モグフィー 酸っぱかったのかなぁー(笑)

k.i(@kazu911m_k_a)がシェアした投稿 -

 

この投稿をInstagramで見る

 

༻༓࿇༓༻༓࿇༓༺༓࿇༓༺ ・ ・ ・ 使うのを楽しみにしていた #モグフィー やっと使える時が きたー!!!イチゴを買って 来たから早速使ってみたよ♪ ・ ・ ・ 躊躇することなく口にいれて もぐもぐ🍓本人も気に入った みたいでいい感じ✨自分で 食べれるところがいい♪ これからいろんなもの試して みよう♪みんなにもぜひ おすすめです(n´v`n) ・ ・ ・ うちは#ベビーザラス の オンラインで購入しました♪ ・ ・ ・ #9ヶ月#令和元年baby#令和元年ベイビー#baby#girl#babymodel#kidsmodel#赤ちゃん#女の子#赤ちゃんのいる生活#子どものいる生活#赤ちゃんモデル#ベビーモデル#キッズモデル#親バカ部#cute#ベビフル#べびふる#ままのて#ママリ#子育てぐらむ#サンキュグラマー#コドモダカラ#シングルマザー#ベビカム#キップキップ#ギズナ

a_n_j_u(@wan30_s4y3_ju)がシェアした投稿 -

 

モグフィーを最初に選ぶときは、サイズに注意が必要です

モグフィーの評価の中に、うまく食べてくれないという声がありました。

こういった時は、サイズが合っていない可能性があるので注意が必要です。

最初は大きすぎて、小さいのにすればよかった。。。って後悔することがない様にしてくださいね。

ただし、生後7~8か月くらいになると、一番大きいLサイズでもいいくらいなので、一番長く使うのは、Lサイズになるでしょう。

おかゆなどの液体に近いものを入れる場合は、チューチューモグフィーを使います。

 

おかゆなど液体系はチューチューモグフィー

 

4~6か月はモグフィーS・M・L

4カ月のぷれ離乳食期:Sサイズ

6か月初めてのもぐもぐ:Mサイズ

6か月食事に慣れてきたら:Lサイズ

created by Rinker
kidsme(キッズミー)
¥1,476 (2021/10/18 08:53:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

7~8か月もぐもぐ期はモグフィープラス

 

まとめ

離乳食を始めるときに、赤ちゃんがミルク以外の味に興味を示すことが大切です。

スプーンであげようと思っても最初はなかなかうまくいかない物。そんな時に、この便利アイテムをぜひ使ってみてくださいね。

 

  • この記事を書いた人

むーむー

こんにちは! むーむーです。 自分自身が経験した子育ての情報を配信しています。

-ベビー(0歳~2歳)
-,

© 2021 バードちゃんログ