トイレ・おむつ

深夜におむつが無くなった‼どこで購入できる?買えない場合の対処方法

 

十分気を付けていたけど、やってしまった!おむつが無くなってしまった!!

気付いたのが深夜だし、普段買っているお店はどこも閉まっているよ、どうしようって方に「深夜でも販売しているお店」「買えない場合の上手な対処方法」をお伝えします。参考にしてくださいね。

深夜におむつを買えるお店

深夜におむつが無くなってしまったとなれば、選択肢は二つ

  1. 買えるお店を探す
  2. 対処方法で何とかしのぐ

まずは買えるお店を探したいところ。

おむつを購入する場所は、普段だと、ドラッグストアやベビー用品店などがありますよね。深夜にもオープンしているお店を探すとなると、通常のドラッグストアやベビー用品店などは開いていません。夜遅くまで営業しているディスカウントストアや24時間営業のお店を探すほかありません。

深夜に買えるお店

  • ディスカウントストア
  • コンビニ
  • 24時間スーパーなど

ちなみに、普段買いならネットで購入する方法も、安いし、持ち運びせずに済みますから、お勧めです。

おむつがいつでも15%オフはコチラ

 

ドン・キホーテなどのディスカウントストア

深夜におむつが買えるディスカウントストア

ディスカウントストアは営業時間が長い場合が多くあります。

しかも、おむつの取り揃えもバッチリなところが多いです。ただし、種類が少ない事や、サイズの偏りがあることが多いです。

ドン・キホーテ(朝方まで営業)では、新生児用~Mサイズくらいまではしっかりと用意されていましたが、Lサイズとか夜用がなくて困りました。お店によってはある可能性がありますが、ベビー用品の区画が小さいため仕方ありません。

スギグループのジャパン(23時まで営業)は、取り揃え抜群!ドラッグストア並みなので、特に困ることはありません。営業時間がドン・キホーテと比較して短いことが

ポイント

  • 営業時間が長い
  • 種類が少ない
  • 店舗数が限られる
  • 赤ちゃんを連れて行きづらい

 

深夜も営業しているコンビニ

コンビニに売っているおむつ

最も有力なのが、コンビニ!

大手のコンビニでは「セブンイレブン」「ローソン」「ファミリーマート」が深夜営業もしていて、助かります。

ただし、コンビニ自体は、おむつ需要が少ないため、取り揃えていないお店が多いです。

実際に、私が見た中では、3店舗に1つくらい置いてある印象です。

セブンイレブン 取り扱い有り
ローソン 取り扱いなし
ファミリーマート 取り扱い有り

とりあえず大手3社の取り扱い状況は上記の通り。

店舗自体が取り扱いをするかどうかを決めている様で、絶対にあるとは限らない状態です。

ポイント

  • 行くならファミリーマート、セブンイレブン
  • 店舗によってない場合が多い
  • 生活用品が充実している店舗
  • サイズが限られる
  • 価格が高い

1日耐えたらよいので、サイズ違いと価格は我慢しましょう。(大きいものがほとんど)

 

無くなった時の対処方法

レジ袋でおむつカバーの代用に

もし仮に、おむつを用意できない場合は、対処方法で乗り切りましょう。

災害時などで、おむつを利用できない場合も重宝します。

必要なもの

  • ポリ袋
  • タオル(綿100%)
  • はさみ

仮おむつの作り方

  1. ポリ袋の上部と横をカットして、縦に長い状態にします。
  2. タオルをたたみ、袋の中央にセット
  3. おむつ替えと同様にセットしたタオルを赤ちゃんに合わせます。
  4. 足の付け根でポリ袋の持ち手を結ぶ

布おむつをイメージしてください。布おむつ用にタオル、そしておむつカバー用にポリ袋をセットします。漏れるだろうけど、ちゃんとセットすれば、それなりに凌ぐことが出来ますよ。

タオルの代わりに、女性用のナプキンでも可能です。こっちのほうが吸水性が高くお勧めです。

 

まとめ

深夜におむつが無くなったら、とりあえずコンビニに走りましょう!なんとかなる可能性が高いです。

もし、仮におむつを売っているお店を見つけることが出来なかった場合は、仮おむつカバーで代用することで一日くらいしのぐことができます。翌日になれば、いつも買っているお店で購入すれば問題ないですね。

 

 

  • この記事を書いた人

むーむー

こんにちは! むーむーです。 自分自身が経験した子育ての情報を配信しています。

-トイレ・おむつ
-, , ,

© 2021 バードちゃんログ